きれいなトイレ、アメニティー設置は集客につながる!!【売上アップ】

・トイレの清潔具合の重要性
・アメニティーの設置で満足度アップ
 
飲食店は管理する事が多くて日々の営業に気を取られてしまいがちです。
 
お客様から見える位置はきれいに出来てるけど細かい所の掃除って大変ですよね。
 
特にトイレは見落としがちで問題があるとまでいかなくてもきれいかと言うとそうでもないお店が多い様に思います。
 
最低限ここは抑えておきたいポイントをあげていますのでご確認ください。
 
 

トイレはお店の状態を映す鏡みたいなもの

 
飲食されている方なら経験あると思いますが飲食店に行きトイレを使う時きれいだなとか汚いなとか思う所があると思います。
 
そのお店の状態や清潔感を思い出してください。
割とお店のレベル感とあっていると思いませんか?
 
おしゃれなレストランで汚いトイレはあまり見た事ないですよね。
逆にチープな焼き鳥屋さんだとそこまでトイレの設備、清潔感にこだわっているようには思えないです。
 
上にあげた例は良いとか悪いとかではなくそのお店の目指すレベル感が出ているという事です。
料理、接客でも同じ事が言えますがレベル感を上げる事でお客様の求めてきた満足するレベルを超え驚き、感動となるわけです。
 
お客様が求めてるレベルを提供した時次につながる可能性とそれ以上のものを出した時の可能性はどちらが高いでしょうか?
もちろん後者ですよね。
 
たかがトイレ、されどトイレ、少し古い考え方かもしれませんがこれが出来ず何が出来るのか?
この記事ではそんなレベルを目指していきましょうという事になります。
 

考え方を変えて売上アップの為のトイレを作ろう

 

トイレなんかで売上が変わるかよ!

そんな声が聞こえてきそうです。

 

極論その日の売り上げは変わらないでしょうね。

ただ日々の積み重ねが出来、お客様に満足してもらえるレベルになった時、売上につながってきます。

 

後回しにされがちのトイレをしっかり創っていけるようになった頃には他の事にも気を配れるようになっていると思います。

相乗効果で売上もついてくるというわけです。

 

毎日掃除と思ってきれいにしていくより良いトイレにして売上アップを目指すと思ってやる方が目標もあって良いかと思います。

 

アメニティー設置していますか?

 

アメニティーとはトイレに設置してある消耗品、備品の事です。

特に女性の方に喜んで頂けるものとなっていて男性用トイレより女性用トイレを充実させましょう。

 

女性の心をつかむお店作りは今や当たり前となっていますからトイレをきれいにするのはもちろんですがアメニティーといった+αを入れていくと心をつかみやすいです。

 

設置すると喜ばれるものをいくつか紹介いたします。

 

おすすめアメニティーグッズ

 

綿棒

超定番アイテムで耳かきとして以外にも使えるので便利です。

これを設置する際には注意が必要で一つづつ包装されているものの方が衛生的で喜ばれるます。

 

爪楊枝

これも定番アイテムです。

こちらも衛生面を考慮して一つづつ包装されているものを設置するようにしましょう。

 

マウスウォッシュ

こちらはニンニクなどの臭いの強い料理を出している所ならなおさら喜ばれるでしょう。

私のお店でも設置していますが当初は試しに置く程度でしたが意外と使われています。

これはもちろん一つづつのタイプですが可愛いパッケージのものもたくさん出回っているので探してみてはいかがでしょう。

 

生理用ナプキン

これも以外に使われる頻度が多く喜ばれるものですね。

もしかしたら持って帰えられてるかもしれないですが・・・笑

 

あぶらとりフィルム

顔とかのあぶらを取るものですがうちではおまけ程度においています。

個別になっていない為かもしれないですがあまり減らないですね。

導入しなくても良さそうですが個別になっているタイプがあれば導入してもいいかもです。

 

 

常時置いておくと良いものはこれくらいでしょうか。

女性トイレ限定ぽく聞こえますがこだわるなら入れ物や女性が思わず持って帰りたくなるようなグッズを探してみてもらいたいです。

 

男性、女性用でいる物いらない物もありますし時期によってあると良いものも変わりますので考えてみると楽しいですよ。

今は手に入りにくいですが除菌シートとかあるとよりクッドです。

 

最後に

 

きれいにするのも限界ありますし装飾をしていい感じにするのもお店の雰囲気を壊す可能性もありますから難しい所ではあります。

 

まだやってないならアメニティーを充実させてそれを維持していけば確実に満足度は上がってきますのでぜひやってみる事をおすすめします。

 

 

最後まで見て頂きありがとうございました。