地方でUber Eatsは提携するべきか解説。

・どれくらい普及しているか?
・地方でのUber Eatsって実際どうなんでしょうか?
・特に地方は何を売るかが肝
 

上のポイントに沿って解説していこうと思います。

 

初めにUber Eatsの仕組みが分からない方は解説記事がありますので下からどうぞ。

関連記事

~この記事のポイント~ ・Uber Eatsの仕組みと利用料 ・デリバリー業態ではなかったお店がUber Eatsで稼げる理由 ・非デリバリー業態でもUber Eatsで月間100~150万売れる 4大都市では言[…]

 

それではどうぞ。

 

 

Uber Eatsって地方でも勝負になるか?

確かに都会の方なら人も多いし売れるビジョンは見える。

でも地方だと名前は知ってるけど使った事ない。

そもそも自分の所で出来るかどうかも分からない。

 

まず出来るか出来ないかが重要ですね。

Uber Eatsの利用できる都道府県は?

全国で出来る都道府県は東京、大阪、福岡、神奈川、千葉、埼玉、愛知、神戸、京都、広島、岡山、愛媛、香川、宮城、の14か所(4月23日時点)となっています。

東京エリア

都道府県 市区町村  
東京エリア 全23区 開始
  武蔵野市 開始
  調布市 開始
  三鷹市 開始
  狛江市 開始
  西東京市 開始
  東久留米市 開始
  小金井市 開始
  府中市 開始
  八王子市 開始
  町田市 開始
  国分寺市 開始
  国立市 開始
  立川市 開始
  小平市 開始
  東村山市 開始
  日野市 開始
  東大和市 開始
  昭島市 開始
  羽村市 開始
  福生市 開始
  武蔵村山市 開始

東京では表の通り全区で出来るようになっています。

 

大阪、福岡、神奈川、千葉、埼玉、愛知、神戸、京都、広島エリア

大阪エリア 大阪市全区 開始
  豊中市 開始
  吹田市 開始
  東大阪市 開始
  八尾市 開始
  堺市 開始
  松原市 開始
  藤井寺市 開始
  高石市 開始
愛知(名古屋)エリア 名古屋市15区 開始
  – 中区 開始
  – 中村区 開始
  – 西区 開始
  – 北区 開始
  – 中川区 開始
  – 東区 開始
  – 熱田区 開始
  – 千種区 開始
  – 昭和区 開始
  – 瑞穂区 開始
  – 名東区 開始
  – 天白区 開始
  – 南区 開始
  – 港区 開始
  – 緑区 開始
福岡エリア 福岡市6区 開始
  – 博多区 開始
  – 中央区 開始
  – 南区 開始
  – 城南区 開始
  – 早良区 開始
  – 西区 開始
  春日市 開始
  大野城市 開始
  筑紫野市 開始
  糟屋郡 開始
  久留米市 開始
  北九州市 開始
京都エリア 京都市8区 開始
  – 上京区 開始
  – 中京区 開始
  – 下京区 開始
  – 東山区 開始
  – 左京区 開始
  – 北区 開始
  – 右京区 開始
  – 南区 開始
兵庫(神戸)エリア 神戸市6区 開始
  – 中央区 開始
  – 兵庫区 開始
  – 灘区 開始
  – 長田区 開始
  – 須磨区 開始
  – 東灘区 開始
  芦屋市 開始
  西宮市 開始
  尼崎市 開始
神奈川(横浜)エリア 横浜市8区 開始
  – 西区 開始
  – 南区 開始
  – 中区 開始
  – 保土ヶ谷区 開始
  – 神奈川区 開始
  – 港北区 開始
  – 磯子区 開始
  – 鶴見区 開始
  川崎市4区 開始
  – 中原区 開始
  – 川崎区 開始
  – 幸区 開始
  – 高津区 開始
埼玉エリア さいたま市4区 開始
  – 大宮区 開始
  – 浦和区 開始
  – 中央区 開始
  – 南区 開始
  戸田市 開始
  蕨市 開始
  川口市 開始
  和光市 開始
  朝霞市 開始
  志木市 開始
  新座市 開始
  草加市 開始
  所沢市 開始
  八潮市 開始
  三郷市 開始
  越谷市 開始
  川越市 開始
  ふじみ野市 開始
  富士見市 開始
千葉エリア 市川市 開始
  船橋市 開始
  千葉市4区 開始
  – 美浜区 開始
  – 花見川区 開始
  – 稲毛区 開始
  – 中央区 開始
  習志野市 開始
  浦安市 (南部) 開始
広島エリア 広島市 開始
  – 中区 開始
  – 西区 開始
  – 南区 開始
  福山市 開始

大阪、福岡、神奈川、千葉、埼玉、愛知、神戸、京都、広島ではエリア指定で出来るようになっています。

 

岡山、愛媛、香川、宮城エリア

岡山エリア 岡山市 開始
愛媛エリア 松山市 開始
香川エリア 高松市 開始
宮城エリア 仙台市 開始

岡山、愛媛、香川、宮城では中心部の一部エリア(結構狭い)で出来るようになっています。

なので地方は狭いエリアに入っている店舗のみ出来るようになっています。

 

エリアもどんどん拡大して今月には石川県、富山県とエリアが拡大する予定ですし導入されている所もエリア拡大してくるでしょうから導入がまだで、導入されたらなるべく早くやりたいという方は要チェックです。

 

自分のお店のエリアを確認しておきましょう。

 

 

導入エリアなら絶対やるべきな理由。

上でエリア表を確認して自分のエリアが該当するならぜひやりましょう!

世界規模のUber Eatsが地方にも入っていくるというのはそれだけチャンスがあるという事なのです。

 

地方ではどれくらい売れているか。

地方でやりたいけどという方には東京での市場と地方都市の市場では全く違うと思います。

なのでおおよそ人口100万人の都市だとどれくらい売れるのか実際に導入されている私の店舗の数値を参考値にしたいと思います。

 

自分の居酒屋業態では現段階(23日時点)での売上450000円

これが少ないか多いかは別として単価1200円375人です。

特に今は巣ごもり状態なので需要は高いかとおもいます。

 

それでも地方なのでまだまだ開発途中のUber Eatsで日20000円です。

仮に50万人の所なら半分の10000円ですね。

ちなみに近隣他店を比べると中の上くらいの売上でした。

 

通常の月に日20000円取れる施策を打とうと思ったら媒体の強化であったりディスカウントとかあります。

でもそれはどれも余分に広告費用、原価費用がかかりますよね?

でもUber Eatsではそれがかかる事なく売上の底上げが出来るのです。

 

皆さんも日20000円積む施策がどれだけ大変か分かっていらっしゃる思います。

自店に置き換えて費用使わず継続的にやるとなればどれだけの苦労か察しがつくと思います。

 

でも提携さえしてしまえばこれなら注文が入るのを待って作るだけで日20000円ですよ?

オーナー様ならもちろんの事、店長様でもやらないわけがありません・・・

 

地方でやるべきやり方。

地方、地方ってうるさいなって思わないで聞いてください。

場所によって売れる物は違うのでしっかり押さえていきましょう。

 

やるなら地方のやり方。

ここで上げさせてもらうのは地方のおすすめのやり方です。

 

Uber Eatsと言えば普通はデリバリー出来ないものがデリバリー出来るのが良いと思いますが実際にはそれは都会でしか通用しないのではないか?と思います。

 

それは地方ではそんなものより弁当やファストフードなど通常の食事需要が圧倒的に多いからです。

出数傾向、満足度は他店の評価、評価数を見れば簡単に分かりますしね。

もちろん他にも要因があって評価が低ければ上位表示されないので注文も減るといった仕組みです。

 

これがすべてではないですが食べログ評価が低い所にわざわざに行かないですよね?

Uber Eatsは評価と評価数はすべてと言っても過言ではないのでわざわざ評価が下がりそうなジャンルを選ぶ必要はないのです。

 

 

何を売ればいいか。

ジャンルが決まれば売るものを実際に決めていきましょう。

 

はっきり言って地方なら食事需要を抑えていればOKです。

逆にそれ以外はNGです。

 

NGといっても絶対という訳ではないですが正直冒険しても見返りも少ないのです。

 

無難なもので評価を取っていくのがベターなのであまり攻めない方がいいでしょう。

・家族晩ご飯狙い~一品おかず物
・一人暮らし狙い~弁当、丼物
・家飲み狙い~パーティー揚げ物

こんな感じでしょうか・・・

少なくともこれで日10000円は取れるでしょう。

 

リピートも重要なので商品だけでなくケアしっかりやっていきましょう。

 

仕組み、売上を伸ばす方法関連記事は下記にてあげているので見てみてください。

関連記事

~この記事のポイント~ ・Uber Eatsの仕組みと利用料 ・デリバリー業態ではなかったお店がUber Eatsで稼げる理由 ・非デリバリー業態でもUber Eatsで月間100~150万売れる 4大都市では言[…]

関連記事

~この記事のポイント~・外出自粛に伴い低下する売上を底上げしよう。・テイクアウト、デリバリーを始め方・実装してみて気づいた事、分かった事 流行拡大中のコロナウィルスの猛威でいろいろなビジネスが苦戦をしいられ被害が大[…]

 

最後に。

早く準備出来ればその分他に差をつけれますし売上にも乗せる事が出来きます。

スピード感が命なので思ったら即行動、良い結果が出る事を願っています。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。