ジュビリーエースとは?

・ジュビリーエース概要
・透明性について
・投資のリスクについて

この記事では上記のポイントに焦点に解説していこうと思います。


昔と違い今では投資案件が当たり前のように一般の方にも普及し悩んでいる方も多いと思います。

このジュビリーエース(以下JA以下と略)も投資案件ですがネットで検索すると賛否両論な意見が多いようです。


実際やってみたいけど・・・と思う人も多いのではないでしょうか?

でも信用できないし。

何より胡散臭い・・・

ごもっともだと思いますので分かりやすく解説出来ればと思いますのでよろしければ最後までお付き合いください。
 
それではどうぞ。

JAの概要

 

まず何も知らない方に向けてこの会社について説明をしたいと思います。

先に投資の中身を知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事

・JAで利益が出る仕組み。 ・出金手続きについて。   ジュビリーエース(以下JAと略)は儲かる言われていますが実際はどうなんでしょうか? これから始めてみたい方に向けてどうやって利益が出ていくのかこの記事で解説していこうと思います[…]


会社概要

 

世界中の多分野に跨るアービトラージ機会に特化した 高度なデータ分析企業です。

2018年に英国領ヴァージン諸島において払込 済資本金5,000万米ドルで設立されました.。


取引所での伝統的なコモディティ取引、アービトラージ から、スポーツアービトラージや暗号通貨アービトラージにビジネスを拡大 してきました。

証明済みの実績と成功を収めたビジネスモデルを持つJubilee Ace Limitedは、データを抽出して改良・精緻化し、それらを収益化可能な戦 略と実施可能な売買判断へと変え、最終的に低リスクで利益を上げられる投 資の安定的なポートフォリオに組み込んでいます。

(Jubilee Ace 参考資料参照)

 


現在JAは日本、イギリス、アメリカ、フランス、中国、ロシア、ベトナム、ドイツ、ポルトガル、イタリア、インドなど約25か国で優秀な企業として世界に広がっています。

 

アービトラージ概要

 

金融の世界においてアービトラージとは、資産やポジションを同時に売買し、 2つの価格差から利益を得るツールのことを言います。

 

暗号通貨アービトラージは、ビットコインなどの暗号通貨を取引所で購入し、 より価格の高い別の取引所にすぐに送金して売却し、利益を得ます。

 

スポーツアービトラージは、信頼できるスポーツベッティング業者を相手に、特定のスポーツイベントにおいて可能性のあるあらゆる結果に対し、計算に 基づくベットを行います。


そうすることで、イベント終了時に一定水準の利益 を確保します。


コモディティアービトラージは、金と原油など相関性のあるコモディティを緻密に追跡し、2つのコモディティに正確な取引注文を出して利益を確保します。

(Jubilee Ace 参考資料参照)

 


JAの透明性とは?

 

ここまで概要を載せてきました。


ですがこの段階で良い企業と判断できる人はいないと思います。


次にはJAの様な企業で投資を行う上でシステムと同じ位重要な透明性、信用性について書いて行こうと思います。

 

JAが信用に足る企業の理由


投資、資産運用において重要要素の信用できるか?というのは皆さんならどこで判断するでしょうか?


一番身近な投資、資産運用で投資信託、NISAなどでイメージしてみてください。


通常銀行などで行う事が出来る投資信託ですがこれを簡単に信用して預けるのは昔からある銀行だからという理由が大きいのではないでしょうか?


銀行=安心、信用出来ると頭が思っているんですね。


確かにそうそうつぶれる事はないしCMでも宣伝してあれだけ大っぴらにやってるなら万が一はないと思うでしょう。


それが皆さんが銀行を信用する要素の正体というわけです。


JAでも同じ事が言える訳で知らないから信用出来ないというのはとても持ったいない事だと私は思います。


まずは知ろうというとこから初めていきましょう。

 

運用実績は?


まだまだ運用実績は浅いですが2018年から現在にまで運用されて以来順当に利益を出し続けています。


当然と言えば当然ですが配当の遅れ、未配当など一度も起こっていません。


まだまだ口じゃなんとでも言えるって感じでしょうか。

私が運用している実績はこちら↓

関連記事

JAの運用がどれほどか運用してもう3か月になります。 今回は今の所どのように推移しているか報告したいと思います。   ちなみにまだ検証段階という事でベットはパッケージは少ないですがイメージとしては伝わると思います。 それで[…]

Forbes(フォーブス)に掲載。

 

これはかなり大きい要素ではないでしょうか。


2020年、世界一のアメリカ経済紙Forbesに取り上げられた事実です。


この場ではForbesの信憑性など省かせてもらいますがこの雑誌はそこらの雑誌とは格も規模も違います。


飲食業界で言うところの世界版ミシュランに三ツ星掲載されるくらいのレベル感ではないでしょうか?


これによりもっともらしい事を並べて批判していたアンチ記事など意味をなさなくなりました。

 

国際標準機関(ISO9001)の認定


そもそもISO9001とは簡単に説明するとよりよい製品やサービスを提供するための仕組みを評価する規格です。


サービスや製品の品質を維持し続け顧客満足度を高める事が目的とされています。


この規格の認定をJAが受けたということは良いサービスや製品を提供する為の仕組みを評価された事になります。


それと同時に品質を維持し顧客満足度を高める事を目指す事にもなりまので企業としての透明性を表すものではないでしょうか?


今までに説明した内容は十分な信憑性、透明性を表すものだと思います。


実際JAより利率高くうまく運用出来るところもあるでしょう。


でもここまで企業、仕組み自体が評価された投資案件も少ないと思います。



そもそも投資は少なからずリスク付きです。

逆にこれでも信用出来ないなって人は100%の保証がなければ行動出来ない人だと思われますので投資、資産運用はやめておいた方が良いかもしれないですね。

 

興味がある方はこちらの記事もどうぞ。
投資の中身の解説記事です。

関連記事

・JAで利益が出る仕組み。 ・出金手続きについて。   ジュビリーエース(以下JAと略)は儲かる言われていますが実際はどうなんでしょうか? これから始めてみたい方に向けてどうやって利益が出ていくのかこの記事で解説していこうと思います[…]

 


投資はリスクが付きもの。


どんなにお題目を並べても投資は投資、リスク付きです。


思ったより儲からないくらいなら良いですが会社が飛んだなどいくらでも想像が出来ます。


困った事にならないようにするのも投資の一つなので抑えておきましょう。

 

余剰金を投資に回す。


これは大原則です。


あくまで資産運用なのでこれを投資をする為にどこかから借りてきては意味がないでしょう。


さすがに上記は大げさすぎますが例えば使ってはいけないお金だったり、無くなったら死活問題になるようなお金で投資をするべきではないです。


最悪の最悪、なくなっても大丈夫なお金でやりましょう。


何度も言いますが投資はリスク付きです。

 

投資のセオリーを守れ。


知識半分で信用に至りいざ投資するとなった場合でも私は使えるお金を全額投入はしない方がいいと考えます。


様子がわかるまで10分の1程度に留めておくべきです。


それは信用出来ると思った場合にも万が一が起こる可能性を考慮してです。


ある程度運用実績を作ってから半分、全額と投資額を増やしていけばいいのです。


実際長期でやるなら儲かる額は数か月程度だとさほど変わらないはずです。


これだけでも投資のリスクは軽減されます。


あと私は経験ありますが特に最初は気になってしょうがないので本業の仕事が手につかないなんて本末転倒ですからね。


気をつけましょう。

 

最後に・・・


ここまででJAがどうような企業か、それと透明性などある程度分かっていただけたと思います。


これまでいくつもの投資案件が出回っていますし私自身これは信用出来るのではないかと思ったのは初めてでした。


JAのみで安定した収入を得るのはそれ相応の資金が必要となります。


ですが一つの収入源として使ってみるのには丁度良い案件になりそうです。


私自身本業ありき副業をかじる程度に少しやってきましたが今回のコロナ騒動で考え方も大きく変わりました。


コロナのような事は滅多に起こる事ではないにしろ数か所での収入源を持っておく事はリスクを回避する事になります。


副業が当たり前になりつつある今、情報も混雑し、肯定、否定な情報をしっかり見極めて今後本当に目指している所へ辿り着けるようやっていきましょう。

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

関連記事

・JAで利益が出る仕組み。 ・出金手続きについて。   ジュビリーエース(以下JAと略)は儲かる言われていますが実際はどうなんでしょうか? これから始めてみたい方に向けてどうやって利益が出ていくのかこの記事で解説していこうと思います[…]