今更聞けないFXの仕組みと証券会社の選び方

・FXとは?
・FXの取引を始める前に知ってほしい用語など
 

副業として超定番になっていて昼時にはスマホを開いてチャートを見ているサラリーマンをたまに見かけます。

そんなFXですが始める前に知ってほしい事、今更聞けない基本情報を上げていこうと思います。

 

未経験者、超初心者向けの記事となっていますので難しい話は致しません。

それではどうぞ。

 

 

FXとは?

 

FXとは「外国為替証拠金取引」の事をさし、1ドル100円で買い110円の時に売れば10円の利益が出ます。

この価格変動で売ったり買ったりすることで利益を得るがFXです。

 

スマホの普及でアプリで出来たり、少額でも手軽に出来る投資案件として人気が出ました。

その反面あまり知識がない状態でゲーム感覚で取引をしてしまい損をしたという話を良く聞きます。

 

メリット、デメリット

 

それではFXにおけるメリット、デメリットを簡単に説明したいと思います。

メリット
①少額でも取引ができる
②24時間の取引が可能
③レバレッジで少額でも大きく勝つ事が出来る
④スマホアプリで簡単に取引可能
デメリット
①取引所が常に動いている為急な変動に対処できない事がある
②勉強しなければいけない事が多い
③レバレッジ取引するとリスクが大きい

 

以上ざっくりとしたメリット、デメリットですが投資なので多少なりのリスクがあるのはしっかり頭に入れておく必要があります。

 

始める前に覚えておきたい用語

 

この後に説明する内容で必要になる用語とその意味を説明していきます。

エントリー
指定した通貨、値でポジションを持つ事
通貨
日々変化する外貨の表示を分かりやすくする為、単位として通貨と言う。
各通貨のその時のレートに直して考える必要がある。
1ドル110円=1通貨110円など。
ロット
取引口数の事で最低取引通貨が100通貨で1000通貨分エントリーするなら10ロット。
スワップ
各通貨その日事に決められた金利の事です。

買い注文で金利が付く場合、売り注文ではマイナスの金利が付きます。

約定率
値が荒れているタイミングでは重要で売買の申請が通る事を指します。
証拠金
取引に必要な金額です。
1ドル100円の時に10000通貨の取引をするなら証拠金が100万円あれば取引可能ということになります。(レバレッジ時以外)
レバレッジ
資金に担保に最大25倍まで運用可能なシステムです。
ただし損益も大きくなるので細心の注意が必要。

~レバレッジは注意~
たとえば1ドル120円の時に10000ドルを外貨預金をする場合通常なら120万円が必要になりますがFXではこのレバレッジが適用されるので48000円あれば最大の25倍が適用され1万ドルのエントリーが可能になり少額での証拠金で運用出来るようになっています。

 

以前は400倍とかの超高レバレッジがあり今は25倍と落居着いた様に思えますが株の信用取引の3倍と比べると破格の倍率なので例え小さくなった25倍レバだとしても金額は大きくなり損益も大きくなるのでなれないうちから25倍でやる事が危険なのは言うまでもないですね。

 

証券会社を選ぶ際知っていてほしい事

 

いざ始めるとなると山ほどある中から証券会社を選ぶ事になるわけです。

もちろんどの会社が良いか初心者には分からないですよね。

 

下記は選ぶ時の基準として知ってもらいたい項目です。

実際にある証券会社を例に挙げてみたので参考にしてください。

※例
証券会社:GMOクリック証券

①通貨ペア数:19通貨ペア
②スプレッド:ドル/円0.3銭 ユーロ/円0.5銭など
③取引単位:10,000通貨
④手数料:0円

①通貨ペア数


この会社で取引出来る通貨ペアの数です。

この会社では19ペアの通貨で取引ができますという事でドル/円で1ペアです。

ユーロ/円、ユーロ/ドルなどが有名です。

 

②スプレッド


これは売買の差で生じるもので1ロットごとのエントリーした時に自動的に差し引かれます。

ペア毎に違うので一律ではありません。

~ドル/円が0.3銭で10000通貨で1ロットエントリーした場合~

0.3銭は0.003円なので
10000通貨×0.003円=30円

この場合30円がエントリーした時に差し引かれます。

1回だと微々たるものの様に感じますが取引回数の多いFXでは重要なものになります。

 

③取引単位

 

取引単位は各証券会社で取引出来る最小の単位です。

例に挙げているの10,000通貨というのはドルなら10,000ドル、ユーロなら10000ユーロという事になります。

 

取引通貨1000通貨の会社で1ドル100円時にエントリーするなら最低10万円必要という事ですね。

レバレッジ取引だと25倍まで出来るので4万円あればエントリーする事が出来ます。

④手数料

手数料はこの会社の取り引き用口座の開設、入金、出金などの手数料の事を指します。

今はほとんど無料のところばかりなのであまり気にしなくても良いと思いますが一応確認するようにしてください。

 

会社で良い所の特徴がありますので始めはあまり気にしなくても大丈夫ですが慣れてきたらスワップや約定率なども考慮して用途に合わせて使い分けしていくようにしましょう。

 

まとめ

 

FXがどんなものか、、証券会社を選ぶポイントなどある程度分かってもらえたのではないでしょうか?

いろいろある中で迷うと思いますが例で挙げた項目を見比べてもらえば失敗する事も少ないと思います。

 

超初級編の内容なので始める前にしっかり読んでもらって参考にしてもらえたら良いと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。