施策で売上を上げる3つの方法

・施策の考え方は?
・他店チェックをしてみよう。
・店頭の見直しをしよう

 

売上を取っていく為にはさまざまな施策が必要になってくると思います。

その為にはいろいろな情報を仕入れたり、今何に需要があるかなど勉強しないといけません。

 

施策といっても立地条件、町の動きなど手法はさまざまなので何をすればいいかはお答え出来ませんが施策の立て方など基本的な事をお伝えする事は出来ますので参考までにご覧になってください。

 

それではどうぞ。

 

 

施策を考えてみよう

 

まず施策を考える上で必要な事はアピールポイントは何か?です。

あなたのお店に初めて来たお客様にリピーターになってもらう為、自分の店の自身のある所を伝えられるかです。

 

あなたが自身を持っている部分はお客様に感動を与えられる可能性がある部分なのでしっかりコツを掴みましょう。

3段階に分けて説明したいと思います。

 

①何がウリか?
例えば食べれば必ずまた食べたくなるような看板メニューがあったとします。
それをどうにか食べてもらおうとするなら何か手立てを考えなければいけません。

②どうやって売るか?
その料理と何か抱き合わせでお得になるといったセットメニューはどうでしょうか?
それかその商品だけ特別安く提供するでもいいですね。

③告知方法は?
セットや特別価格を告知する為のテーブルPOP、店頭にて告知すると誘導しやすくなります。

 

これは例としてですがこの様に一つ一つ細分化して「?」を決めていく事で良い施策となっていきます。

このパターンでは必要なかったですが「誰が?」「いくらで?」など考える必要のある施策もあります。

 

 

他店の良い所は真似をしよう

 

上の事は出来たら良いですが難しいという人もいるでしょう。

それでもでも施策は打てますので安心してください。

 

それは単純に売れている店に行ってみる事です。

売れている店にはは必ず売れている理由があるはずです。

 

コスパが良い、店員の接客がすばらしい、などあると思います。

売れている店には売れている理由は一つではなく2,3個は必ずあるんです。

 

ここで大事なのは「○○だから売れている」という理由付けする事です。

これが出来れば自店に置き換えて「〇〇すれば売れるかも」と考えられるようになります。

 

もちろん考えるのが苦手な人もいますからそんな人は他店の店の良い所を真似していけばいいんです。

某会社は施策どころかコピー業態を作るくらいですからね。

 

スピード感も大事ですし真似するのも簡単ではないですが飲食業界では当たり前に行われてますから恥ずべき事ではありません。

真似した施策でもあなたのお店の方がハマる可能性もありますからね。

 

 

店頭は管理出来ていますか?

 

施策と言うとソフト面の事だと思われがちです。

ですがハードである店頭などもしっかり管理してやれば集客ツールになるんです。

 

売れている店、売れてない店の特徴をまとめてみました。

 

①店頭がきれいにされている。

②情報が書かれている看板があり定期的に変更されている。

③のぼりなどのツールもちゃんと使われている。

①店頭、もしくは横に雑草が生えている。

②看板が設置されていない、もしくはいつも同じ情報。

③のぼりがない(状況により設置しにくい店は除外)、もしくは古くなっている。

 
などがあげられます。
店頭が汚い、ツールも使われてないは論外なので早々に対処しましょう。
 
設置しているお店でもツール系は特に新規集客にも大きく影響してきますので看板情報の変更、のぼりの状態など注意しておきましょう。
 
看板、のぼりについての記事もありますので合わせてどうぞ。
関連記事

・のぼり、看板設置の費用対効果 ・費用は? ・設置するメリット   新型コロナウィルスの影響でデリバリーやテイクアウトはもちろんの事ランチ営業をやり始めたお店も多くなっていますね。 とは言え始めたからと言ってうすぐに集客できるわけ[…]

 

まとめ

 

施策を打っていく上で重要なポイントをあげてみました。

結局のところ大事なのは新規、リピーターの獲得をしていく事です。

①満足度を上げる為の施策を立てる。
②他店の良い所の真似をする。
③新規来店の為の店作り。

④再来店につなげる取り組み。

お客様を獲得していく為に重要なのはこの4つになります。

これを踏まえた上での施策を打ってやっていきましょう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。